Updating With SHIKI SAAYA

メジャーデビューのその先へ夢を叶える第一歩

今年1月24日に6曲入りミニアルバム「Butterfly Attack」でメジャーデビューを果たした、リケジョ・シンガーソングライター式 紗彩。まさに夢への第一歩を歩き始めたばかりの“Updating”な日々に密着。

 

夢を叶える第一歩

式 紗彩1stワンマンライブ「バタフライアタック」
2018 年1 月25 日(木)
会場:渋谷eggman

▲ with 大森俊之さん

 

1 s t ワンマンライブで見えた景色

渋谷eggmanといえば、今までに数々のビッグアーティストを生み出したことでも有名な老舗のライブハウスだ。初の単独ワンマンライブということもあり、どうしても東京のど真ん中でライブがしたかったという式 紗彩。世代を超えた多くの音楽ファンから愛される聖地で、自身が記念すべきメジャー作品のリリースイベントができるとは、なんとも言えない不思議なパワーがあるというものだ。

セットリストは、ミニアルバム「Butterfly Attack」を中心とした楽曲に加え、スペシャルゲストにアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のヒットナンバーを手がけた大森俊之氏を迎えた。代表作「魂のルフラン」のカバーでは、大森氏が奏でるピアノの旋律をバックに熱く情熱的な歌声で聴く者の魂をゆさぶった。

MCでは、Twitterのリアルタイムアンケート機能を使ったファン投票で1位の楽曲を披露したり、得意の数学知識を活かした自作の“リ ケジョ占い” を披露したりと、観客参加型の構成はファンとの絆を更に感じる温かみあるステージとなった。ライブの後半では、応援してくれるファンへ向けて感謝の想いをまっすぐ伝える場面も見られた。

これは後日談だが、デビューまでの道のりは決して平坦なものではなく、彼女が放つ笑顔の裏には期待と緊張、そして初のワンマンライブへの不安もあった。ライブに人が来てくれるかが心配でデビューが決まったその日から眠れない日も少なくなかったという。シチュエーションは違えども誰もが共有できるそんな気持ちを簡単に打ち消すかように、彼女は笑った。そんな時には自分の曲を自分で聴くんです(笑)と。

音楽へ込めた想いや覚悟が強く垣間見れた瞬間だった。新人アーティストとは言え、細くて硬い芯を持っている。過去に水泳のジュニアオリンピック強化選手だったからこそのアスリート魂は、やはりここでもしっかりと生きていた。

メジャーデビューをして変わったことは、覚悟と成長、本当の自分への向き合い方。ステージ上で、もっともっと本当の式 紗彩をぶつけていきたいというのが本音と課題。高校時代に進路で悩んだ際に、音楽をやりたいと強く願った瞬間が、自分の存在理由を知った刻にやっと変わった。

今は決してゆっくりではいられないけれども、自分なりにできることを精一杯やりたい 、今後の音楽制作にも新たなチャレンジとして繋げていきたいという。近い将来に日本武道館のステージに立つ! と公言している彼女だが、着実に夢への第一歩を踏み出したことがはっきりと感じられた。有言実行叶う日が今から楽しみでしょうがない。

 

 

1st MINI ALBUM

Butterfly Attack
NOW ON SALE ¥1,800(税込)

Twitter / Instagram :@saaya_shiki

YouTube 公式チャンネルにてMV 公開中!
詳しくは

 

高田馬場・新名所「カミサカエリア」
かわいくてあったかい地域紹介ソングが誕生

アーティストとしての活動拠点でもある東京・高田馬場、「カミサカエリア」の地域活性化を目標に立ち上げられた新規プロジェクトに参加。エリアの公式テーマソング「はじまりは二等辺三角形」は、街の皆さんと一から話し合いながら書き下ろした渾身の作品。街の風景を詰め込んだミュージックビデオも近日公開予定だ。本誌では、このプロジェクトに込めた想いをたっぷりと語ってもらった。

 

カミサカプロジェクトとは?

エリアの中心にあるのは、東京富士大学。新宿区産業振興課の支援を受け、地域活性化をより楽しくするために始動したプロジェクト。名称の由来は「神田川」、「宮田商店会」、「さかえ通り商店会」の頭文字をとって付けられた( 神田川の「神(カ)」、宮田の「宮(ミ)」、さかえ通りの「サカ」)主な活動を大学の学生や街の皆さんと一緒に取り組んでいる。

 

公式テーマソングを書き下ろすにあたってこだわったところは?

高田馬場というと、学生で溢れたイメージですが実は大人も楽しめる、とってもディープで奥深い街です。このカミサカエリアには多種多様なテイストのお店があって、しかも人の温かさを感じる街。その魅力をしっかり伝えたいと思って作詞作曲しました。サビはわかりやすく耳に残すことを意識して、お子さんからおじいちゃん・おばあちゃんまで、たくさんの方々に口ずさんでもらいたいなと思ってます。

最も大切にしたことは?

大学の皆さん、商店会の皆さんと協力し合って創っていくことです。地域活性化と言っても私一人の力では到底無理で、例えば私の書いた曲を聴いてくれたり、一緒に歌ってくれる人たちが必要不可欠な訳です。街の皆さんと協力してプロジェクトを育てていく、それがカミサカエリアの魅力を伝えられる一番の方法だと思います!

ミュージックビデオについて

撮影は一言で言うと楽しかったに尽きます(笑)。普段はカメラを前にするとすごく緊張してしまうのですが、今回はいつも自分が歩いている街が舞台だったり、よく行くお店にご協力頂いたりと、活動拠点のホーム感を感じながら撮影できました。とてもリッラクスして楽しく挑めたと思います。歌とビデオを見てもらえば伝わるかと思いますが、街の皆さんの温かさを感じる内容になっており、高田馬場に初めて来る方だけでなく、既に知っている人達にも楽しんでもらえる作品になっていると思います。ロケ地にてお店めぐりなんかもしてほしいですね(笑)。カミサカエリアに立ち寄ればいつでもこの曲が流れている、地域に根付いていくあったかい作品になったらとても嬉しいです!

 

高田馬場“ カミサカエリア” 公式テーマソング
はじまりは二等辺三角形~高田馬場カミサカソング~

NOW ON SALE
( LIVE会場で好評発売中!)
¥1,000(税込)

カミサカ・プロジェクトWeb:www.kamisakaproject.wixsite.com/kamisaka-project
「BANZAI」 Web 版でもプロジェクトメンバーのスペシャルインタビューを紹介予定、ミュージックビデオ制作秘話も語ります。是非お楽しみに!

PROFILE
式 紗彩(しき・さあや):東京都出身。数学科卒業。リケジョ・シンガーソングライターとして、First CD「存在と時間」を発表。毎秋、味の素スタジアムで行われる「味スタ6耐」公式テーマソング「180°」を担当。 今年、ミニアルバム「Butterfly Attack」でコロムビアレコードよりメジャーデビュー。アルバムリード曲「君にしか導けない方程式」が、TV東京系列「勇者ああああ」のエンディングテーマに抜擢された。音楽活動以外にもネット配信やモデル、イベントMCなど活動の場は幅広く、高田馬場の公式アーティストとしても活動中。